buildingSMART International Standards Summit 2015 Singapore 報告書

CIM国際標準化推進プロジェクト 有賀貴志

1. 概要

2015年10月、シンガポールのゲンティン・ホテル・ジュロン(Genting Hotel Jurong)において、buildingSMART International Standards Summit 2015(以下、会議)が開催された。会議には、buildingSMART International(以下、bSI)およびbuildingSMART Chapter(以下、bSC)のメンバー78名、ISOメンバー15名、その他11名の計104名が出席した。 日本からは、大阪大学の矢吹先生をはじめとする計9名が参加した。

本報告書は土木分科会の参加メンバーが出席したミーティング等について報告するものである。

 

日 程: 2015年10月12日(月)~14日(木)
場 所: Genting Hotel Jurong, Singapore(図 1.1 )
参加者: 矢吹信喜(大阪大学)
田中文基(北海道大学大学院)
古屋弘(大林組)
有賀貴志(コンポート)
足達嘉信(セコム)
武藤正樹(建築研究所)
宮本勝則(JACIC)
横山善行(JACIC)
森脇明夫(ダッソー・システムズ)

 
 

singapore_img_1_1
図 1.1  Genting Hotel Jurong

 

singapore_img_1_2
図 1.2 Opening Plenaryの様子

 

2. スケジュール

10月12日(月)

14:00

bSI Summit Opening Plenary

16:00

Plenary Session Infra Room
10月13日(火)

9:00

IR1 Infrastructure IFC4 alignment and deployment

10:45

IR2 IFC Road and Rail project team meeting

14:00

IR3 IFC Bridge proposal discussion.

16:00

IR4 Integrated Digital Built Environment (IDBE) large scale discussion to develop the links between the Geospatial and BIM worlds.
10月14日(水)

9:00

IR5 To develop an IFC for Infrastructure Asset Management

11:00

IR6 IFC Roads & Railways / Bridge / Tunnel discussion of integration issues, including developing terminology with the Product Room

14:00

IR7 Overarching framework development to coordinate all the Infrastructure Room initiatives with the schema and other Rooms.

16:00

Infra Plenary closure session
10月15日(木)

9:00

bSI Final Day Plenary and Closure Address

 

3. Infrastructure Roomの決議

Infrastructure Roomの決議について、英語原文と日本語訳を以下に示す。

 

Resolutions – Opening session
1) The InfraRoom notes that the Charter has been adopted, but the current form of InfraRoom Steering Committee and InfraCom will remain until the elections are completed, following official advice form bSI management on appropriate procedures.

 

InfraRoomは、チャーターがされていることに留意するが、InfraRoom Sterring CommitteeとInfraComの現在の形は、選挙が完成されるまでそのままとし、適切な手続によるbSI managementからの公式なアドバイスに従う。
2) The InfraRoom welcomes the MOU between RWS, TRV, FTA and bSI, and is grateful for the support for the Alignment 1.1, Deployment, Asset Management, and Roads and Railways projects.

 

InfraRoomは、RWS、TRV、FTAおよびbSIの間のMOUを歓迎し、Alignment1.1、Deployment、Asset Management、およびRoads and Railwaysのプロジェクトへのサポートを感謝する。
 

Resolutions – Alignment 1.1 and Deployment

3) The InfraRoom resolves to establish a Working Group to take oversight of the alignment Deployment process and establish pilots in several jurisdictions, including: France, Korea, Japan, Russia, Australia, China, (and  Sweden).

 

InfraRoomは、Alignment Deployment Processを監督するWorking Groupの設立、およびフランス、韓国、日本、ロシア、オーストラリア、中国、スウェーデンを含む様々な区域におけるパイロットプロジェクトの設立を決議する。
4) The InfraRoom welcomes the kick-off of the Alignment 1.1 project and endorses the continuation of the existing Project Team, the cooperation with OGC and the expanded Expert Panel. InfraRoomは、Alignment1.1 Projectのキックオフを歓迎する。また、既存のプロジェクトチームの存続、OGCと拡張されたExpert Panelの協力を承認する。
 

Resolutions – IFC Roads and Railways

5) The InfraRoom welcomes the participation of the China Railway BIM Alliance and acknowledges the work done by the CRBIM on IFC Rail and looks forward to their ongoing participation in the InfraRoom.

 

InfraRoomはChina Railway BIM allianceの参加を歓迎し、IFCレールにおけるCRBIMにより実施された業務された業務に感謝し、InfraRoomにおいて進行中の参加を楽しみにする。
6) The InfraRoom welcomes the participation of Russian delegates.

 

InfraRoomはロシアの代表の参加を歓迎する。
7) The InfraRoom acknowledges the tremendous effort made by KICT in the publication of the IDM and encourages stakeholders to review the document.

 

InfraRoomは、IDMの公表およびドキュメントレビューの関係者への働きかけにおけるKICTの多大な努力に感謝する。
8) The InfraRoom accepts the IFC Roads and Railways Project Summary with the following remarks: that the requirement definition and scope be further refined and funding sought.

 

 

InfraRoomは、以下の条件付でIFC Roads and Railways Project Summaryを受理する:要求定義と対象範囲のさらなる洗練および資金調達。
Resolutions – IFC Bridge
9) The InfraRoom accepts the IFC Bridge Project Summary with the following remarks: appended the scope defined by the French MiNnD project; and develop a funding breakdown in order to obtain a commitment to proceed in 2016. InfraRoomは、以下の条件付でIFC Bridge Project Summaryを受理する: フランスのMiNnDプロジェクトにより再定義された対象範囲の追加;2016年に取りかかる約束を得るための出資分析の発展。
 

Resolutions – IDBE

10) The InfraRoom expresses strong support for the ongoing Work Plan of the IDBE Working Group and looks forward to the result. InfraRoomは、IDBE Working Groupの進行中の作業計画の強いサポートを表明し、結果を楽しみにする。
 

Resolutions – Infra Asset management

11) The InfraRoom welcomes the kick-off of Infra Asset management and the establishment of the Working Group and invites participation from the wider bSI community.

 

InfraRoomは、Infra Asset managementの立ち上げを歓迎し、Working Groupの設立および広くbSI communityからの参加を勧める。
 

Resolutions – Integration & Overall architecture

12) The InfraRoom acknowledges the effort made by the Nordic and Norwegian Chapters in the preparation of the Project Summary.

 

InfraRoomは、Project Summaryの準備における北欧およびノルウェーチャプターによる努力に感謝する。
13) The InfraRoom resolves to establish an Overall Architecture Working Group to address the issues of integration across the evolving infrastructure standards development.

 

InfraRoomは、発展するinfrastructure standardの開発に横断する拡張の課題に対処するOverall Architecture Working Groupの設立を決議する。
14) The InfraRoom appreciates the results from the discussion of issues during the session on Integration.

 

InfraRoomは、Integrationのセッションの間の課題の討議による結果を認める。
15) The InfraRoom acknowledges the work done by national IFC development programs on Roads, Railways, Bridges and Tunnels, and asks that they provide their conceptual schemas as a resource for the Overall Architecture.

 

InfraRoomは、仕事で、道路、鉄道、橋、およびトンネルの全国的なIFC開発プログラムによってされると認めて、それらが全体アーキテクチャのための資源としてそれらの概念のスキーマを提供するように頼む。
16) The InfraRoom acknowledges the urgency of developing the Overall Architecture for Infrastructure Extensions and asks all parties involved to take this into account. InfraRoomは、インフラストラクチャー拡張のための全体アーキテクチャを開発することの緊急性を認めて、これを考慮するために関係するすべてのパーティーを尋ねる。

 

 

4. InfraRoomの主要報告

 

4.1 Steering Committeeの選挙

今年3月のロンドン会議においてInfrastructure RoomのCharter(憲章)の制定が決議された。Charterに基づいて、Infrastructure RoomのSteering Committeeは8名で構成し、2年ごとに4名を改選する手続きが規定されている。現在、Steering Committeeを構成する8名のうち以下の5名が決まっているが、3名が欠員となっている。

  • Henk Schaap(Benelux Chapter)
  • Christophe Castaing(France Chapter)
  • Jim Plume(Australasia Chapter)
  • Hyunjoo Kim(USA Chapter)
  • Nobuyoshi Yabuki(Japan Chapter)

当初、会議において欠員の選挙が行われる予定であったが、選挙方法等に関する一部のチャプター(イギリス?)からの意義により欠員の選挙は延期となった。

 

4.2 MOU

buildingSMART InternationalとRWS(Rijkswaterstaat)、TRV(Trafilverket)、FTA(Finnish Transport Agency)の4者で、Alignment1.1、Deployment、Asset ManagementおよびRoads and Railwaysのプロジェクトサポートに関する覚書(MOU, Memorandum of Understanding)を締結した。

  • RWS:Rijkswaterstaat(Ministry of Infrastructure and the Environment)オランダ
  • TRV:Trafilverket(Swedish Transport Administration)スウェーデン
  • FTA:Finland Transport Agency フィンランド
singapore_img_4_1
図 4.1 MOU締結の様子

 

4.3 Alignment 1.1 & Alignment Deployment

P6 IFC Alignment Projectは、線形情報を交換するための基礎的なモデルが完成し、次のステップとして、Alignment 1.1 およびAlignment Deploymentのプロジェクトが進行している。次の議題として以下が提案された。

  • スキーマの公開手順
  • 商用ソフトウェアを用いたIFC Alignmentの展開
  • スキーマの向上

具体的な検討内容としては、以下が提案された。

  • 線形に沿ったオブジェクトの配置(位置と方向)
  • 線形のオフセット
  • 鉄道線形の緩和曲線の定義

Alignment Deployment Projectでは、ソフトウェアへの実装、パイロットプロジェクトの実施が速やかに行われることが必要であるとの認識が示された。各国の事業者やChapterからの現物拠出(in-kind contribution)により、パイロットプロジェクトを実施する。Deployment ProjectのWorking Groupを2015年11月に設置し、パイロットプロジェクトを実施するDeployment Teamを2015年12月に設置する。このパイロットプロジェクトに、フランス、韓国、日本、ロシア、オーストラリア、中国、スウェーデンが参加を表明した。

singapore_img_4_2
図 4.2 プロジェクトのアプローチ

 

singapore_img_4_3
図 4.3 プロジェクトのスケジュール

 

4.4 IFC Roads and Railways

3月のロンドンで開催された会議において、IFC Roadsに加えてRailwaysもスコープに加わり、今回の会議でIFC Roads and Railwaysとしてプロジェクトが示された。

IFC Roadsに関しては、以下の点について新に説明があった。

  • QTO(Quantity Take Off、数量計算)に関連するIDM(Information Delivery Manual)におけるProcess MapおよびExchange Requirements
  • IFC Roadsスキーマの適用可能性の検証およびBIM-based QTO processesの結果の共有を目的とした実際の道路プロジェクトによるケーススタディ(実施中)
  • 実施期間 : 2015年6月~2015年11月
  • 予算:約120,000ドル (3D shop modelling, IfcRoad Adoption in Delivering, Economical Evaluation)
  • 対象モデル: Road, Earthwork, Bridge, Tunnel, Subsidiary Facilities with component/part, rebarIFC Bridge
  • 道路プロジェクト名: Seolak-CheongpyeongRoad Construction Project (Gyeonggiprovince, Gapyeong)
  • 道路設備: Road Body, Earthwork (Filling / Cutting), ED type bridge (CheongpyeongBridge, 720m), NATM type Tunnel (SeolakTunnel, 924m), entire subsidiary facilities, and Road drainage facilities etc.
  • 総延長: 3.9km, 幅: 10.5m -11.5m (2 lane)

今後の計画として以下が示された。

  • bSI expertsによるIDFのレビューの後、IDMの改善と配布
  • ケーススタディ完了後、IFC RoadスキーマのレビューおよびMSGによるMVD開発へのKICTの支援
  • 新しいコンバーターとビューワーの開発。およびあらゆる商用ソフトにおけるIFC Roadのインプットおよびエクスポートを可能とするIfc Road *.dll engineを来年までに開発する。
  • Ifc Alignment 1.0の新しいコンバーターおよびビューワーへの拡張。
  • Ifc Roadスキーマの修正が完了した後、来年早期までにIFC RoadのHTMLバージョンの公表。
singapore_img_4_4
図 4.4 IFC Roadのプレゼンテーション

 

 

今回の会議で、はじめてIFC Railwayについて示された。IFC Railwayの発表は、China Railway BIM(CRBIM)Allianceから清華大学(Tsinghua University)のGao Ge氏が行った。概要を以下に示す。

  • CRBIMは、2013年12月に、中国の鉄道分野におけるBIM技術の適用の促進することを目的として12団体により設立された。
  • BIMの適用は、設計、MEP、トンネル、各種設備(電気、通信、信号等)、施工計画、シミュレーション、組み立て、製造、施工、設計照査・QTO・FEMなど統合に及ぶとのこと。
  • China Railway BIM Standardが「Railway BIM Classification Standard」、「Railway BIM Data Standard」、「Railway BIM Delivery Standard」の3つのパートから構成されている。
  • 鉄道に用いる各種スキーマとして、Alignment、Track、Subgrade、Bridge、Tunnel、System of Railway、Property Set for Railwayが示された。
  • 今後の課題として、Railway BIM Standardの開発の継続、Railway BIM Softwareの開発促進、中国におけるBIM適用の実施の継続、が示された。
singapore_img_4_5

図 4.5 IFC Railwaysのプレゼンテーション

 

 

4.5 IFC Bridge

IFC Bridge Projectは、プロジェクトの進め方を確認し、既存の作業およびユースケース、ワークパッケージ、予算が示された。

既存の作業は、MEDDE(French Road Ministry)との合意におきて、以下を考慮したMINnDが仕様を開発していることが示された。

  • openINFRA pertnersの従前の作業
  • IFC Alignment 1.0からの成果
  • 韓国のIFC-Road projectに含まれる作業実施
  • 中国のIFC-Rail projectに含まれる作業実施

ユースケースは、コンクリート橋、鋼橋を含めて以下の事例があげられた。

  • 設計から構造解析への引渡し
  • 設計から数量計算への引渡し
  • 設計から施工の順位付けへの引渡し
  • 設計/施工から運用への引渡し
  • 三次元座標/橋梁デザインから他の設備へ

プロジェクトは、8つのワークパッケージに分割して実施される。

  • WP-0:プロジェクト実施計画およびプロジェクトマネジメントの完了
  • WP-1:IFC-Bridge(IFCおよび既存のIFC Bridge)の最新状態、他のInfrastructure関連 IFCの拡張との整合性
  • WP-2:Data dictionary
  • WP-3:IDM
  • WP-4:IFCスキーマの拡張
  • WP-5:MVD
  • WP-6:expert panelの支援
  • WP-7:ソフトウェアのデモンストレーションおよび実装

 

IFC Bridgeに関する日本の取り組みとして、北海道大学の田中先生がプレゼンテーションを行い、橋梁モデルIFC-Bridge検討小委員会の活動について説明した。

 

singapore_img_4_6
図 4.6 田中先生のプレゼンテーション

 

また、ロンドン会議と同様に現在のIFC Bridgeで考慮されていないコンセプトとして、Exchange RequirementsおよびIFC(未定義および拡張が必要なエンティティ)について示された。
singapore_img_4_7
図 4.7 Ifc-Bridgeに関するプレゼンテーション

 

4.6 IDBE: InfraRoom & Technical Room

Integrated Digital Built Environmentでは、空間および建設ドメインを横断する情報を共有するためのフレームワークを作るためのワーキンググループが設立された。IDBE WGの目的は以下の通りである。

  • bSIに適しているIDBEドメインにおけるスタンダードのスコープの特定
  • 物理世界のデジタル表現に取り組むスタンダードの範囲を横断する相互運用をサポートする総合的な概念フレームワークの検討
  • bSIの総合的なオブジェクトと協調するギャップの特定
  • このドメインにおけるbSIの継続的な作業のためのロードマップの提案
singapore_img_4_8

図 4.8 IDBEに関する討議

 

 

4.7 Integration issues & Overall architecture

現在、InfraRoomでは、インフラストラクチャーに関する複数のプロジェクトが進行している。これらを既存のIFCのスキーマの構造を破壊することなく統合するためには、Roomの枠組みを超えた取り組みが必要となる。そのため、InfraRoomだけではなく、Technical Room、Building RoomおよびProduct Roomからなるワーキンググループを構成し、buildingSMART InternationalでOverall Architectural Projectに関する合意形成と、インフラストラクチャーのデータ交換のための基礎的な枠組みを作成し、既存のIFCのスキーマを破壊および不必要に複雑にすることなく、インフラストラクチャーの概念を取り込むことを検討していくための取り組みが示された。

作業に関しては次の2つのステップが提案された。

  • 交通インフラ(道路、レール、橋、およびトンネル)、アセットマネジメント、システムインテグレーション、空間の情報の相互運用およびおよびオープン・スペースと景色への介入のモデリングのキーとなる領域に横断する拡張ニーズを認識するプレゼンテーションと議論を通じてコンテキストを定義する。
  • 現在のIFCスキーマアーキテクチャの4つの具体的な問題に対処する枠組の原則を開発する。
  • 空間の階層構成(現在は建築向きになっている)および広範囲のインフラストラクチャーのコンテキストに関する空間概念
  • 不必要に増殖、冗長および複雑になることなくインフラストラクチャーを処理するために必要な要素概念
  • IFCにおけるオブジェクトタイプの管理方法のレビュー、およびどのようにオントロジー、分類およびタイプ定義を管理するオブジェクトライブラリーを柔軟な方法で最適に利用および外部参照ファイルのリンクの支援の作成
  • IFCにおける現在のシステム概念、広範囲なインフラストラクチャーのコンテキストの最適性のレビュー

これらの目的に対して、現在進行中のプロジェクトであるIFC-Bridge、IFC Roads and Railways、Asset Management, IFC Tunnelで情報の共有に必要な課題が示された。

singapore_img_4_9
図 4.9 矢吹先生によるIFC Tunnelのプレゼンテーション

 

 

今後のスケジュールは以下のように提案されている。

  • Initial Presentation – bSI Summit, Singapore (October 2015)
  • Developed ideas and recommended work plan – bSI Summit 1, 2016
  • Final Framework Report – April, 2016
  • Roadmap Report (including recommendations) – July, 2016
  • Adoption – bSI Summit 2, 2016

 

singapore_img_4_10
図 4.10 Overall Architectureに関する討議

 

5 その他

5.1 会議

今回の会議では、中国とロシアからの参加があった。特に中国からはCRBIMというプロジェクトおよびIFC Railwayに関するプレゼンテーションが行われ、鉄道分野における中国の積極的な姿勢が目立った。IFC Roadについては、これまで通り韓国が主体となってスキーマの開発を続けているが、QTOをスコープとしたIDMの開発、実事業によるケーススタディなど研究が深度化しているのが伺えた。IFC Bridgeについては、3月のロンドン会議と同様にMissing ConceptsとしてIFC Bridgeが取り組まなければならない項目についての説明と、プロジェクトのプロポーザルが文書として提出され、取り組むべき内容が明確となった。これらに加えて、インフラ分野におけるプロジェクトが複数進行し、建築主体で開発してきたIFCがインフラ分野への拡張が明確になってきたということから、モデルの共有やスキーマの適切な拡張を行うため、IDBEおよびOverall Architectural Projectに関する取り組みが開始される。ここではオントロジーなどを用いたモデル拡張方法が討議されていくことになり、IFCの拡張に当たっては、さらに高度な研究が必要になるだろうと思われる。

5.2 資料

会議にて配布された資料は、アルファオフィスに登録する。

TOPへ戻る