概 要

プロジェクトの目的

日本の優れた技術を出来る限り国際標準に組込むため、国際会議に継続して出席し、土木技術とモデルについて議論ができる土木情報学エクスパートとして認められる人材を育成し、日本の優れた技術を出来る限り英文で世界に発信するシステムを構築することを目的とする。

 

プロジェクト参加へのメリット

  • 日本のCIMに関する情報を早期に取得できる
  • 世界のCIM情報の入手が可能となる
    プロジェクト内で日本語訳したドキュメントが入手できる
    希望するドキュメントの英訳要請ができる
  • 本プロジェクトの活動による情報が入手できる
  • CIM国際標準化推進プロジェクトの運営委員会に参加でき、プロジェクトの方針決定に関与できる

 

運営組織

CIMプロジェクト運営委員会

一般財団法人 日本建設情報総合センター(JACIC)

一般社団法人 buildingSMART Japan

★プロジェクト参加者(活動資金提供者)

 

活動期間

5年のプロジェクトとする

TOPへ戻る